アブレーション基礎

不整脈とはー不整脈の分類と治療

不整脈の分類と治療方法について簡単に解説してきます。

刺激伝導系

まずは刺激伝導系を覚えましょう。

心臓は洞結節(Sinus Node)から出た刺激が、房室結節(AV Node)などの伝導路を通り、心筋を興奮させることで収縮します。※Bachmann束は右房から左房への伝導路です。

不整脈とは、刺激が出ない、伝わらない、変なところから出た、ループしている、他に伝導路があるなどの状態です。

頻脈、徐脈、期外収縮

不整脈はおおよそ3種類に分類されます。

  • 徐脈 HR60以下
  • 頻脈 HR100以上
  • 期外収縮

正常人はHR60~100です。それより遅い脈を徐脈:Bradycardia、早い脈を頻脈:Tachycardiaと呼びます。

よくBrady(ブラディー)Tachy(タキ)と略されるので言葉も覚えておきましょう。

期外収縮は洞調律とは異なる収縮のことで、心房性の期外収縮をPAC、心室性の期外収縮をPVCと略されます。

アブレーションとペースメーカの適応

それぞれの不整脈と治療方法についてみていきます。

徐脈

  • SSS(洞不全症候群)
  • AVB(房室ブロック)
  • AF Brady(徐脈性心房細動)

治療方法はペースメーカになります。

頻脈

頻脈はさらに3つに分類ができます

①心房頻拍=心房のみが頻拍になっている

  • AT(心房頻拍)
  • AF(心房細動)
  • AFL(心房粗動)

治療方法はアブレーションになります。

②上室性心室頻拍(SVT)=心房からの刺激により、心室が頻拍になっている

  • AVNRT
  • AVRT
  • AT

治療方法はアブレーションになります。

③心室頻拍=心室のみが頻拍になっている。

  • VT(心室頻拍)
  • VF(心室細動)

治療方法はIDC、CRT-D、(アブレーション)になります。

期外収縮

  • PAC(心房期外収縮)
  • PVC(心室期外収縮)

治療方法はアブレーションになります。

ペースメーカ

ペースメーカーは心房と心室にリードを留置し、刺激伝導系の刺激が出ない、伝わらない状態をペースメーカからの電気刺激によって補う治療方法です。

SSS(洞不全症候群)

SSSは洞結節(Sinus Node)から刺激が出ない(出る回数が少ない)状態です。

このような方にはペースメーカで心房に刺激を行い、Sinus Nodeの代わりをします。

AVB(房室ブロック)

AVBは房室結節(AN Node)の伝導に異常があり、刺激が心房から心室へ伝わらない状態です。

このような方にはペースメーカで心房の興奮を感知したら、それに合わせて心室に刺激を行い、AV Nodeの代わりを行います。

AF Brady(徐脈性心房細動)

AF(心房細動)は心房が400回/分以上も不規則に興奮している状態です。

このように心房が何回も不規則に興奮している状態では、心室に規則的に刺激を伝導させることはできません。

その結果、人によっては脈が早くなり動悸を訴えたり、脈が遅くなり苦しさを訴えたり、または症状がない人もいます。

ペースメーカは徐脈に対する治療ですから、AF Bradyの人には心室から刺激を行い、脈拍が正常以下にならないようにします。

アブレーション

アブレーションは、カテーテルから高周波電流を流して、不整脈の原因となるループ回路や変な刺激が出ている箇所を焼き切る治療方法です。

アブレーションにはいくつか種類がありますが、高周波電流によって心筋に熱を加えて焼灼する「RFCA」という方法がよく使われます。

焼灼された心筋や回路はたんぱく変性し、刺激を出さなくなったり、通さなくなります。

Paf(発作性心房細動)、PeAF(持続性心房細動)

アブレーションで最も多いのはAFの治療です。

AFはPaf(発作性心房細動)とPeAF(持続性心房細動)に分類されます。

Pafは自然に停止するもの、PeAFは7日以上継続していてDCや薬剤によって停止するもののことをいいます。

PafやPeAFの80~90%は肺静脈から出ているPACが原因で起こることがわかっています。

なのでAFの治療では肺静脈からのPACが心房に伝わらないように、肺静脈を囲うように心筋を焼灼します。

リエントリー頻拍

心内に回路があり、そこを刺激がループしている不整脈のことをリエントリー頻拍と呼びます。

リエントリー頻拍にはAFL、AT、AVNRT、AVRTなどがあります。

EPS検査やMappingによりリエントリー回路を探し、それを焼き切ります。

異常自動能

Sinus Node以外で心臓を興奮させる刺激が出る箇所のことを異常自動能と呼びます。

PAC、PVC、ATなどがあります。

EPS検査やMappingにより、期外収縮やATの発生源を探し、異常自動能を焼灼します。

 

以上になります。下記のポイントをしっかり押さえておきましょう。

不整脈の分類と治療

  • 徐脈 → ペースメーカ
  • 頻脈 → アブレーション、ICD、CRT-D
  • 期外収縮 → アブレーション

ペースメーカはSinus NodeやAV Nodeの代わりをする治療

アブレーションは不整脈の原因となっている場所や回路を焼く治療